持ち込めるものをしっかりと確認しましょう

- 持ち込めるものをしっかりと確認しましょう

持ち込めるものをしっかりと確認しましょう

持ち込めるものと持ち込めないものを事前に確認しておくと、当日スムーズに搭乗できますし、せっかく取得した格安航空券が無駄になることがありません。

液体を持ち込む際には持ち込めるものと持ち込めないものを確認することが大切です

スカイマークにさまざまな用途で液体を持ち込む際には、手荷物検査をされる前に持ち込めるものとできないものの確認をしておきましょう。
搭乗日当日、よく知らないままに手荷物検査で持ち込めないものを持ってきてしまったことがわかっても、対処の仕方に困ってしまうからです。
また、そのまま乗れなかった場合、せっかく格安航空券を取得できても無駄になってしまいます。


スカイマークは危険物の持ち込みを禁止しています

スカイマークの航空機内には、危険物の一切が持ち込み禁止です。
ここで言う危険物とは、おもに引火性の液体であるライター用の燃料や、塗料などです。

制限つきで持ち込みを許可している液体も存在します

スカイマークは、さまざまな基準を用意して、制限つきで持ち込みを許可している液体が存在します。
例えば、アルコール性の飲み物は、アルコール度24パーセント以上から70パーセント以下までならば、1人あたり5リットルまで持ち込むことが可能です。
また、アルコール度数が24パーセント以下の場合は、一切制限がありません。

開封済みのペットボトルは搭乗前に飲みきってしまうことをおすすめします

500ミリリットルのペットボトルにかんしては、栓を開けていない状態ならば、持ち込みも預け荷物も受け付けています。
しかし、開封済みのペットボトルにかんしては、中身が何かが外目からはわからないため、係員にチェックしてもらうことが必要です。
ですから、開封済みのものにかんしては、搭乗する前に飲みきって空港内で廃棄してしまうことをおすすめします。
もちろん、手荷物検査を完了し、航空機の内部で買う分にかんしては何も制限がありません。
事前に持ち込めるものを確認して、手荷物検査はすみやかに完了しておきましょう。

Copyright(C)2016 様々な割引やお得な情報を公開!格安航空券で旅行しよう! All Rights Reserved.